Entry

2004-04-24

2004/4/24 (土)

悪徳な悪徳商法サイト

悪徳商法相談室(http://www.akutokusos.com/)というサイトで、無断リンクに罰金を課していたり、架空請求の対応には、きちんとした対処手続きが必要であると書かれていて(http://www.akutokusos.com/seikyuu/se_3.htm)、しかもその対処手続きを行うために、賛助員か賛助登録員として登録する必要があり、それには最低3万円が必要などと書かれています(http://www.akutokusos.com/sait/sa_7.htm)。しかもここ、Googleのスポンサーとなっていて、Googleで「悪徳商法」で検索すると、右側に広告が出てくるという…。

怪しい、ひたすら怪しい…。というか、「正式な手続きで、対処を取らなければ、業者は『あなた』に請求をし続けることとなります。」って、要は「お前を助けるためには俺に金を払うしかないんだぞ」という脅しじゃないか。被害に遭いそうな人を逆に食い物にする気か…。
さらに酷いのはリンクに関して。無断リンクは「罰金10万円」って何よ。とりあえず「無断リンク禁止/直リンク禁止」命令に関する想定問答集を100回ぐらい読んでこい、と。

ここはGoogleのスポンサーになっている点でタチが悪い。サイトのタイトルと相まって本当に信用してしまいそうになる。Webで何をどれだけ信用したらいいか自分でも段々自信が無くなってくるよ…。

えーっと、「悪徳商法相談室」へのリンクに関しては、いくら相手の主張が何の根拠のないアホな物と分かっていても、やはり噛み付かれるのは嫌だし面倒なので張りません。あ、「リンクの文句に対処するための正式な手続きができる所」を紹介していただければ、リンク張ってもいいかもしれません。

愚者の戯言
23:51

Dellや松下など30社をJPEG特許侵害で提訴

米Forgent Networksが、同社が保有しているとされるJPEGで使われている圧縮技術の特許を侵害されたと主張し、Dell、Apple、キヤノン、富士フイルム、松下電器、東芝の各米国法人、Adobe Systems、HP、IBMなどコンピュータや家電大手30社を提訴した、という記事。(関連:突如動き出した「JPEG特許」の大きな波紋

GIFの悪夢再びか。最近のFAT特許とかプラグイン特許とか、その手のサブマリン特許はもううんざり。特許の有効性は、先行技術の有無で判別するだけでなく、社会的な影響力を考慮してもらいたい。
で、ソニーは一体何故に真っ先に陥落したんだろうか?こうやって力のある企業に何らかの方法で権利を与え、他社に特許の有効性を主張するためのハッタリとしている…と勘ぐってしまいたくなるのだけれど。もしこの特許が有効になったら、そういったやり方が流行っていくような気がしてならない。

Slashdot Japan
22:30

兄が帰ってくる

自分には東京で一人暮らししてる兄(二人兄弟)がいるのだけど、何やら明日彼女の人を連れて一旦帰ってくるのだそうだ。つまりあれだ、プラネテスで言えば自分はハチマキがタナベを連れてきたときの九太郎的立場になったわけだ。
…どんな風に接してりゃいいんだろうか。というか、相手の人の顔すら知らないし。

19:03

4万

気が付いたらカウンターが4万回ってるなぁ。
毎度どうもありがとうございます。これからもノンビリやっていきたいと思いますので、どうぞよろしくしてやっていただけると結構嬉しかったりします。

11:50

???

プラネテスDVD見たら、そういや放送当時こんな馬鹿な事考えてたなーなどと思い出した。

…タブレットを買った理由はどうせこんな馬鹿絵を描きたかったからだよ、ちくしょう。

11:46

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。